副業で稼ごう!会社員におすすめするお金持ちになるための4つの所得

会社員にとって、貴重な休日は効率的に使いたいものです。休日を有効活用できれば、周りに差をつけれます。

これまでも、まずは固定費を「やめる」ことを節約の第一歩としてお話ししてきました。

会社員が投資をする前に実践すべき5つの節約術

2019年4月7日

次のステップはお金を稼ぐことです。今回の記事は、

  1. なぜお金を増やす必要があるのか
  2. 具体的にどうやってお金を増やしていけば良いか

について書いています。

節約ができてきたら、次はお金を稼いで増やしていきましょう。

なぜ副業するべきなのか

会社員の給与は現状維持どころか、恐ろしい勢いで減り続けています。高齢化に伴い社会保険料が増え続けているのです。国はそれをしれっと会社員の給与から天引きしています。

しかも今後は消費税の増税もあり、ますます会社員の実質的な手取り収入は減り続けていく一方です。この現状をどう打開していけば良いか?

「会社員+副業」が実質的な手取りを増やす第一歩だと考えています。

会社員の給与は1年に1回5,000円前後の昇給しかなく、年功序列となっているため、割に合わないのが実態です。

  • もっと稼げるのに…。
  • なんであの人よりも私の方が頑張っているのに給料が少ないんだ!

日本の会社で働いていると、ちらほらこんな声が聞こえてきそうです。いくら文句を言っても、給与が上がらないのが現状です。

ならば副業で稼ぐしかない…!

会社員という安定的に給与がもらえる仕組みを利用しつつ、副業で稼いでいけば減っていく給与をカバーできるのでは?という結論に至りました。

どんな所得が存在するのか

日本には10種類の所得があります。

種 類 所得の内容
利子所得 公社債・預貯金等の利子
配当所得 株式からの配当
不動産所得 地代・家賃・権利金等
事業所得 事業から生じる所得
給与所得 サラリーマンの給料等
退職所得 退職金・一時恩給等
山林所得 山林を売った所得
譲渡所得 事業用の固定資産などを売った所得
一時所得 クイズの賞金・満期生命保険金等
雑所得 公的年金等の他の所得に当てはまらないもの

(参考:1.所得の区分は10種類|知るぽると

代表的なものといえば、やっぱり会社員として働く人が多い日本では給与所得だと思いますが、副業で稼いでいくときには、10種類の中でどの所得を狙うのが最も効率的かを考えていくことになります。

退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得は、ライフイベントに合わせた限定的なものや継続性が無いものが多いので除外します。したがって、これから副業を始める人には、給与所得以外の「配当所得」「不動産所得」「事業所得」がおすすめであると言えます。

※利子所得については日本の低金利やある程度のまとまったお金がないと大きな利子を得ることが難しいことから、今回のおすすめからは除外しています。

お金持ちになるには4つの所得を持つ必要がある

富裕層はお財布がひとつだけなのでしょうか? そんな訳ないですよね。

まず個人の事業収入、不動産収入、配当収入、給与収入とお財布が4種類あります。それから、事業法人があって資産管理会社があって法人で使えるお財布もあります。

ここで、私が声を大にして言いたいのは、これらの財布はサラリーマンであっても作り出そうと思えば、今からでも準備可能だということです。

給与収入はすべてがガラス張りで経費がほとんど認められない世界です。

この給与収入は、他の収入を作り出すいわば「種の部分」だと思います。決して給与収入だけで富裕層になろうと思わないでください。この「種」を使って他の収入を作り出すことが必要だということです。ポイントはいかにして、給与収入が得られている間に、他の収入を作り出すかです。

(出典:PRESIDENT Online 年収3000万円でも”下っ端”!本物のお金持ちは「財布が4つ」)

お金持ちって会社員だけやっていれば、なれるものではないんです。そりゃ一部上場の役員クラスになれば話は別ですが、そんな人は一握り。

普通の会社員がお金持ちになる戦略としては非現実的です。上で見てきたように。私たちは副業で4つの所得を意識する必要があります。

  1. 給与所得
  2. 配当所得
  3. 事業所得
  4. 不動産所得

これらを意識して育てていく必要性があり、副業をはじめていく上での根本的な考え方になります。

副業は会社にばれないか

結論から言うと、確定申告のやり方次第で99%ばれません。その時に住民税の納付を普通徴収にするのがポイントです。

詳しい説明については、以下の動画で解説されているので、チェックしてみましょう。

▼会社にばれない確定申告のやり方①


42-1 お金の勉強職場にバレない副業の始め方

▼会社にばれない確定申告のやり方②


42-2 お金の勉強職場にバレない副業の始め方

お金を稼ぐことは非常に大切なことです。

増えていく社会保険料、増えない給料に悲鳴をあげるのではなくて、自分で稼ぐ力を身につけましょう。そうすれば、人生の選択肢がグッと広がってくるはずです。

具体的な副業の始め方

まずは小さくていいから副業をはじめてみましょう。副業にもいくつかタイプがありますが、基本となる稼ぎ方は、先ほど話した4つの所得を意識して作っていくことです。

まずはいくつかアイデアを紹介するので、「あ、これは楽しそう!」と思えたものからチャレンジしてみましょう。

株式投資で配当所得を得る

給与所得以外で最も簡単に所得を増やすならば、株式を購入することです。証券口座を開設して株式を購入するだけで、配当月に配当金が振り込まれます。

特におすすめなのは、日本株でいうとイオン株です。

半年に1回は買い物額に応じて3%以上のキャッシュバックがあるので、大きな恩恵を受けることができるはずです。

また、は日本株に加えて米国の高配当株に投資しています。

日本の株式市場よりも成長していて、連続増配をしている企業が多数あります。ちなみに私は税引後利益4%を目標に株式投資をし、毎月の貯金やボーナスを使って少しずつ米国株を買い増しています。

一方で配当所得の弱点としては、元手が小さいとその威力が弱いことです。年利4%程度であれば100万円の元手で4万円ほどになり、月に10万円を配当所得から得ようとすると、3,000万円が必要になります。

株式への投資は堅実ですが、これだけではお金持ちへの道のりは険しいです。そこで事業所得で配当所得につぎ込む資金を増やしていく必要があります。

ブログ・プログラミングで事業所得を得る

ブログ

ブログは副業の代表例として、

  1. 在庫を持たなくて良い
  2. 継続的に利益を稼げる
  3. 固定費がかからない

に合致する完璧な副業で、利益になるまでに時間を要します。

とにかく芽が出るまでやり続けるしかないものだが、花が咲けば大きな収入源になることは間違いないです。

ブログの収益源は主に2つ

  • アフィリエイト
  • 広告収入

とにかく集客と記事作りが大切なので、まずは誰からも読まれない期間が少しの間続くと思っていた方がいいかもしれません。

継続できる根気のある人は是非トライしてみましょう。私のブログもこれから諦めずに少しずつ収益のタネを植えていきたいと思います。

また、プログラミングも注目されている副業の1つです。私の場合はまずブログでの収益安定化を目指し、その後にプログラミングによる収益化を図っていきたいと考えています。

不動産所得を得る

不動産に関してもまだ手を出していない分野になります。現在は書籍やブログを読んで研究中ですが、「地方」「アパート」「ワンルームマンションはダメ」というキーワードは少しずつ見えてきました。

不動産所得については、投資する金額が大きいことやステップとしてまずは配当所得と事業所得を大きな柱として確立したいことから、後回しになっているのが実態です。

楽待」や「健美家」のような不動産投資向けのサイトを見ておくだけでも物件に対する目が養われるので、どのような不動産が収益を生むのか考えておくのがいいかもしれません。

番外編:夫婦で共働きする

副業ではないですが、人的資本を追加することも稼ぎを増やすには有効です。地方でもフルタイムで働けば、2人合わせてそれなりの年収にはなるはず。(もちろん職種や労働環境にもよりますが)

共働きともなれば、家賃や電気代などの生活コストは自ずと半分になるので、協力して節約をすると、年間で数百万円の貯蓄も夢ではありません。

事業を育てるには時間がかかりますが、人的資本の投下は即効性もあり、稼ぎを増やす意味では最も確実です。また、1人で年収1,000万円を稼ぐよりも、2人で年収500万円ずつ稼ぐ方が社会保険料の負担は少ないです。

※大まかにですが、年収1,000万円では手取り728万円になるのに対し、2人で年収500万円ずつ稼いだ場合だと手取りの総額が776万円になります。

配当所得を得るための目安となる投資額があるのであれば、副業に加えて共働きも元金を素早く作ることができる方法の1つです。

副業

副業をするために4つの所得を持つことと具体的な稼ぎ方を紹介しました。ステップを図解すると、こんな感じです。

  1. 配当所得
  2. 事業所得(ブログ)
  3. 事業所得(プログラミング)
  4. 不動産所得

まずは節約して貯金した元手を株式の購入に回し、事業所得を増やしていく。その後に安定的に事業所得を増やしていき、不動産所得を得ることができるように注力していく。

こんな流れをイメージしています。

現在の私は配当所得を少しずつ増やし、ブログによる事業所得を伸ばしている段階です。まずはブログで稼ぐことを当面の目標にしていきます。

会社員だけだと限界がありますが、副業は成果がそのまま直結するのがうれしい。会社員を最低限のセーフティネットとしながら、副業で稼いでいくことが現代において最強の稼ぎ方になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です