【人生を逆算して考える】主なライフイベントにはどのくらいの費用がかかるのか

就職、結婚、出産とライフイベントは実に様々です。

ライフイベントにいくらかかるのか、特に若いうちから知っておきたい方も多いはず。そんな私もまだまだ30代そこそこのひよっこですが、将来に向けて人生を逆算することは常に考えています。

結論から言うと、就職活動から住宅購入までの主なライフイベントには、目安としておよそ4,861万円かかると言われています。(うわ、おそろしい…!)

「こんな費用どこから出せばいいのよ!」「ふんっ、今後のことはこれからだ!今を楽しむんだ!」そんな声が聞こえてきそうです。

記事を読んでほしい人

  1. 毎月の収入から安定して貯蓄に回せている人
  2. 今後のライフイベントにかかる費用を知っておきたい人
  3. どのくらいの貯蓄があれば、安心した人生を送れるのか知りたい人

この記事を読めば、少しは将来に対する不安が和らぐかも!ぜひぜひ将来に向けた不安を減らしていきましょう。

主なライフイベントにかかる費用の目安

人生を逆算して計算するならば、このあたりの費用を前もって考えておくと非常に後がラクになりそうです。

多くの人は夢のマイホームを手に入れるためにローンを組み続け、税金を含めた多額の費用を払っています。仮に就職して22歳から30歳まで毎月3万円を貯金していたとしても、合計で324万円にしかなりません。(結婚相手が同額を貯金していたとしても648万円)

結婚や出産に親の援助があったとしても、その後の教育資金や住宅購入費に回すお金は長い時間をかけて払っていくことになります。

30代前半で結婚し子どもを授かった場合には、老後までに教育資金と住宅購入費が残るわけですが、教育資金は子供が大学を卒業するまでの20年間、住宅を30年ローン組んだとして、平均160万円ほどの支出が毎年あるわけです。

補足:平均160万円/年の計算方法

※約993万円÷20年間=49.65万円(教育資金)

※約3,340万円÷30年間=111.33万円(住宅ローン)

30歳だと50歳までは年間で160万円かかることになりますね。年収600万円の手取りは468万円程度と言われているので、300万円で毎日の生活を過ごしていくことになります。

さらには定年退職後の老後の貯蓄もしていかなければなりません。これではいつまで経っても豊かな暮らしが待っているとは言えない状況ですね。

多額の費用がかかるライフイベントへの作戦

多額の費用がかかるライフイベントには2つの作戦があると考えています。

  • ライフイベントを実行しない
  • 多額の費用がかかるライフイベントは代替案を考える

いずれかが考えられると思いますが、結婚、出産などを全て我慢して節約するのは、豊かな人生を送るとは言えないので、できることならば費用を抑えてパートナーや友人たちと豊かな人生を過ごしていきたいですよね。

今回は「多額の費用がかかるライフイベントは代替案を考える。」が人生のバランスのとれた戦略だと考えています。

ライフイベントの中でも特に多額の費用を要するのが、結婚、教育、住宅購入です。

しかし、結婚や住宅にかかる費用は考え方次第で工夫できるものです。

全員が楽しめる少人数制の結婚式を挙げる

友人の結婚式に参加して記憶に残っているのは参加者の距離が近いアットホームな結婚式です。大人数の結婚式は華やかなのは覚えていますが、あまり当日の記憶には残っていません。できることなら本当に仲の良い友人だけを呼んで結婚式をあげたいですよね。

少人数かつ地方での結婚式であれば、費用はかなり安くすむはず。最近は「小さな結婚式」と呼ばれる少人数かつ低コストの結婚式も登場しています。費用はなんと税込67,000円から。

また、私は北海道在住なので、約463万円よりも少ない金額で結婚費用は済みそうです。

補足:北海道の結婚式

本州の結婚式とは違い会費制です。ゼクシィによると北海道の結婚式の平均費用は194.6万円です。ここに婚約指輪や結婚指輪、新婚旅行の費用を入れても300万円くらいで済みます。

住宅は賃貸マンションにする

マイホームを持つ人が多い時流になっていますが、個人的には生涯賃貸マンションも悪くないなと思っています。

家賃8万円/月のマンションに住んだとしたら、40年間でかかる住居費は3,840万円です。「あれ?購入するよりも高いじゃん!」と思った方もいると思いますが、持ち家だと経年劣化による修繕費や固定資産税、分譲マンションだと修繕積立金などが発生するので、購入価格に加えて追加費用が発生していきます。

長い目で見ると税金がかからない賃貸マンションも選択肢の1つに入れたいところです。

20代・30代が持っておくべき貯蓄の目安

(出典:厚生労働省 平成28年 国民生活基礎調査 II各種世帯の所得等の状況

厚生労働省から発表されている世帯別の30〜39歳の平均貯蓄額は403.6万円と言われています。

結婚や出産に目安として約514万円かかるのであれば、夫婦で900万円程度の貯蓄があれば平均の世帯になりそう。

「この目安には全然達していない…!」「あーやばいわ!」と感じている人がいれば、家計の見直しが必要かもしれないですね。節約は固定費の見直しと楽天経済圏への移住が大きな一歩になります。

戦略①:固定費を徹底的に見直すことで年間の支出額を抑えることができます

会社員が投資をする前に実践すべき5つの節約術

2019年4月7日

戦略②:楽天経済圏で多くのポイントを稼ぎ、スマホ代や散髪代は全て楽天スーパーポイントで賄っています

【決定版】節約家が楽天経済圏を使ってお得に楽天スーパーポイントをザクザク貯めていく戦略

2019年2月11日

若いうちから貯蓄を作り出すための戦略

20代の頃からどのような人生を過ごしたいのか考えておくことが重要です。3つの資本が考え方としてあります。

  • 金融資本(現金、株、不動産)
  • 人的資本(労働賃金など)
  • 社会資本(家族、友人)

セミリタイアを目指す人が多い中、私は人的資本の実現に向けてサラリーマンも続けていきたいと考えています。ただし、サラリーマンは拘束時間が長いというデメリットがあるため、できる限り残業時間を抑えつつ社会とのつながりを保っていきたいですね。

教育資金や住宅購入などには平均支出額160万円/年かかるので、この金額をカバーできる所得を給与以外から得ることが1つの目安になります。

人生における重要なお金の考え方や3つの資本について学べる書籍です。ぜひご一読を。

株式を購入して配当所得を得る(40万円)

やはりこれです。株式は最強の戦略ですね。高配当優良株やETFに投資してインカムゲインを得るのが鉄板です。

30代のうちに1,000万円程度の金融資産ができれば、年間40万円の配当所得を得ることができます。最終的には金融資産3,000万円を目指すことで、趣味や老後の生活費にすることもできますね。インカムゲインはやっぱり最強です。

【インカムゲインを狙え!】米国株に投資して月5万円、月10万円の不労所得はいつ達成できるのか

2019年4月7日

ブログやプログラミングで副業する(120万円)

これも鉄板です。ITスキルは必要な資格がなく、初期費用が安いことから始めやすい副業の1つです。

まとめ:若いうちから資産形成と副業をする

主なライフイベントにかかる費用から節約すべきところ、毎年稼いでいく必要がある収入について紹介してきました。

まとめ
  • 結婚式と住宅費用は工夫次第で安くなる
  • 教育と住宅購入にかかる年間160万円を稼げる仕組みをつくる
  • 稼ぐ仕組みは株式からのインカムゲインとITスキル

教育と住宅購入にかかる約4,333万円を会社員の給与から全て賄うのは、豊かな人生を送るうえでは厳しい金額です。

豊かな人生を過ごすのであれば、戦略を持ち若いうちからの資産形成と副業の意識が重要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です