【簡単!】株式投資をはじめるなら押さえておきたいキャッシュ・フロー計算書の見かた

投資初心者
財務諸表を読めるようにしたいんだけど、何をどう読んでいけばいいのかさっぱりわからない。特にキャッシュ・フロー計算書は見るだけで頭がクラクラする。
ベテラン投資家
キャッシュ・フロー計算書は、企業の財務状態を知るのにとても重要な指標の1つなんだ。簡単に意味を知っているだけでも企業に対する理解が変わるよ。

この記事では、簡単なキャッシュ・フロー計算書の見かたについて紹介します。

投資の初心者や経理の経験がない方にとって、財務諸表と聞いただけで拒否反応が起きるかもしれません。

しかし、キャッシュ・フロー計算書は貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)と並び企業の分析に役立つ最も重要なものです。

今回は誰にでも分かる簡単なキャッシュ・フロー計算書の見かたを覚えるだけで、投資をするときに妥当な企業なのかどうか判断することができます。

ぜひキャッシュ・フロー計算書の見かたを覚えて、投資をするときの判断材料にしていきましょう!

キャッシュ・フロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書は、「企業の一会計期間における資金の流れを表すもの」です。

つまり、どのくらいのお金が企業の活動によって、流入(キャッシュイン)または流出(キャッシュアウト)したかを表すものですね。

キャッシュ・フロー計算書は営業・投資・財務の3つの指標に分かれています。

営業活動によるキャッシュ・フロー

投資初心者
うー、なんだか難しい用語がたくさん出てきた…。
ベテラン投資家
いきなり細かい用語を覚える必要はないよ。まずは営業活動によるキャッシュ・フローの意味を知っておけば大丈夫!

「営業活動によるキャッシュ・フロー」は、企業が本業の活動によって得ることができた資金の流れを示すものです。

この数値を見れば本業で稼ぐ力がわかるので、3つのキャッシュ・フローの中でも最も重要なものだと言っても過言ではありません。

プラスだと本業の活動で資金を増やすことができている企業でありマイナスだと本業で稼ぐことができず苦戦している企業であると覚えておいてください。

前述したように、まずは細かい用語の意味は覚えなくても大丈夫です。

全体の数字がプラスマイナスではどのように違うのか、その意味を覚えておきましょう。

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資初心者
また難しい用語がたくさん出てきた…。意味を分かれば大丈夫?
ベテラン投資家
そうそう、いきなり細かい用語を覚える必要はないよ。ここでも投資活動によるキャッシュ・フローの意味を知っておけば大丈夫!全く心配いらないよ。

「投資活動によるキャッシュ・フロー」は、企業が今後の成長のためにどのくらい設備投資などにお金をかけたのかを示すものです。

この数値を見れば将来にわたって企業が成長できるかどうかが分かります。

投資活動で流出した資金(マイナス)は設備投資などの将来に向けたもので、投資活動で流入した資金(プラス)は設備の売却などと覚えれば間違いにくいです。

少し分かりにくいですが、常に言葉の意味を考えれば大丈夫。

投資活動はプラスかマイナスかによって、将来性を判断できる1つの指針になると覚えておきましょう。

財務活動によるキャッシュ・フロー

投資初心者
また難しい用語がたくさん出てきた…。意味を分かれば大丈夫なんだよね…?
ベテラン投資家
そうそう、ここまでくれば何の心配もいらないよ。キャッシュ・フロー計算書を読むことはできるようになったはず。

「財務活動によるキャッシュ・フロー」は、企業がどのくらい金融機関に対して借入や返済があったのかを示すものです。

プラスだと金融機関からの借入や資金調達があったことを示しており、マイナスだと借入金の返済があったことを示しています。

プラスの場合にはその理由を知っておく必要があります。新規事業を立ち上げるための資金調達なのか、それとも業績が苦しく金融機関から止むを得ず借入を行ったのかによって大きく意味が変わってきます。

キャッシュ・フロー計算書の見方にはパターンがある

キャッシュ・フロー計算書の大まかな意味合いは理解できたと思います。

ここでは、キャッシュ・フロー計算書の見方について説明しますが、実はいくつかのパターンが決まっています。

繰り返しになりますが、大前提として営業CFがプラスになっていることが絶対条件です。

①優良企業タイプ

営業CF 100
投資CF ▲ 10
財務CF ▲ 10

図表の意味としては、本業で十分に稼ぎつつ、将来に向けた設備投資をするとともに金融機関への借入金の返済を行っている状態と言えます。

つまり、財務体質として非常に優れている企業です。

具体例として、日本株で人気の高い蔵王産業のキャッシュ・フロー計算書を見てみましょう。

(出典:蔵王産業株式会社 (9986.T) | 株価 | キャッシュフロー | 財務情報 | ロイター

投資初心者
わぁ、まさしく絵に書いたような優良企業のキャッシュ・フロー計算書なんだね。きれいにプラス、マイナス、マイナスになっている。
ベテラン投資家
その通り。資金の残高もしっかりあって、蔵王産業の人気が高いのがわかるよね。キャッシュフロー計算書は、プラス、マイナス、マイナスのかたちを覚えておくだけでも便利だよ。

このようにキャッシュ・フロー計算書が読めるだけで、企業の財務体質まで分かります。

ちなみに米国企業だと、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)プロクターアンドギャンブル(PG)もこのパターンに当てはまります。

②積極投資タイプ

営業CF 50
投資CF ▲ 50
財務CF 20

図表の意味としては、本業で稼いでいるものの、新規事業における投資額を補えず、金融機関からの借り入れを行っている状態と言えます。

つまり、プラス、マイナス、プラスのかたちはスタートアップの企業や新規事業に挑戦している企業に多いパターンです。

具体例として、日本株で人気の高いイオンのキャッシュ・フロー計算書を見てみましょう。

(出典:イオン株式会社 (8267.T) | 株価 | 損益計算書 | 財務情報 | ロイター

投資初心者
イオンも人気の高い企業だよね。これから積極的な海外展開とかがあるのかな?
ベテラン投資家
イオンは経営戦略としてアジアへの積極的な進出を掲げているから、その可能性はあるかもね。数字から色々な可能性を推測することは大切だね!

なぜ財務活動によるキャッシュ・フローがプラスなのか?その理由を考えることは非常に大切です。

他の人からのアドバイスと同時に、自分で判断できる力を養っていきたいですね。

業績不振タイプ

営業CF ▲100
投資CF 10
財務CF 100

図表の意味としては、本業の活動が不調で、その不調を補うために設備や株式の売却とともに金融機関から借り入れをしている状態です。

つまり、早急な立て直しが必要であり、財務状況が非常に苦しい状態です。

投資初心者
わー、これは非常にまずいキャッシュ・フローになっているよね。ぼくが見てもこれはマズいとわかる。
ベテラン投資家
株式投資の世界は常に自己責任だから、後で知ったなんてことにはしたくないよね。

マイナス、プラス、プラスのかたちになっていれば要注意と覚えておきましょう。手元の資金がなければさらに赤信号です。

企業が今後の対応策をどのように考えているのか、また投資先として妥当かどうなのか判断することになります。

まとめ:株式投資するときは最低限キャッシュ・フロー計算書をチェックしよう

簡単なキャッシュ・フロー計算書の見かたをご紹介してきました。

もちろん紹介した以外にも色々なパターンはありますが、まずは今回紹介したものだけ覚えておけば大丈夫です。

まとめ
  1. キャッシュ・フロー計算書には3つのパターンがある
  2. 手元の残高は常にチェックしておく必要がある
  3. 株式投資をするときは常に自分の頭で判断しよう

「人気」「高配当」といった言葉に惑わされるのではなく、常に数字を追っていきたいものです。

人の言葉には「ウソ」や「冗談」も混じることがありますが、数字は嘘をつきません。常に本音です。

数字の裏に隠されたメッセージを読み解けるように、納得した株式投資をしていきたいですね!

米国株投資の関連記事です。

【インカムゲインを狙え!】米国株に投資して月5万円、月10万円の配当所得はいつ達成できるのか

2019年4月7日

米国株投資をする時に知っておきたいおすすめブログ4選

2019年4月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です